鷲見でただよっちゃん

札幌市の不倫調査
病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりみんなが夜勤を務めます。夜勤においては医師や看護師など、人の数がかなり減り、夜中の少人数体制の中で眠れない、熱っぽい、腹痛がする等、担当患者から訴えられたり、いつもの決められた作業以外に、急な事態に対応しなければならないことが増えるのです。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、大体いつも、日勤より多くなるようです。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、外来勤務は基本的に日勤だけとなります。子育て中の人には、子供を昼日中だけ預けられればいいので働きやすいでしょう。それに加えて外来勤務においては、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところではたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどういった病院か、診療科はどこかによって違ってきます。業務の多さ、責任の重さ、なによりその忙しさにより、看護師の仕事はかなり厳しいものですから、しんどさを覚える場面も多いはずです。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちに看護師の多くは、生活のリズムを大きく狂わせ、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないとどんどん疲れていって、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職という選択をすることにしたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことが理解できて、いい勉強になったと思っています。看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、女の人が多い職場であれば、こうしたことはよく起こっているのでしょう。そんな職場の人間関係がわかってくるとあまり良い気分もしないでしょうが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と納得しておくと良いかもしれません。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち普段から使用されているようです。このエッセンという言葉自体には、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、そんな時代の名残ですが、とにかく便利に多用されているようです。人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、面接試験を受けることになります。その場で、これまでの経歴や志望の理由について聞いてもらったり、質問を受けたりすることになるのですが、実務的なことの他に、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり調べられているのです。看護師としての能力に加えて、人としての良い部分もわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。激務で知られる看護師ですが、どんな時に看護師としてのやりがいを得られるかといえば、元気になって退院していった患者さんが、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、最高にやりがいを実感できます。世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。ですから、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、多分看護師はもう辞めたい、などと考えてしまうはずです。事務的な手間はかかるものの、それ以上にメリットの大きい看護師の能力評価ですが、実行している病院がほとんどのようです。病院で働く看護師各自の、今の能力レベルを測ることを目的に、一からスケールを作っていった病院もあるようです。評価を行なうのは、毎月の病院や、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、看護師としての能力を底上げするためには、重要なシステムと言えるでしょう。病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、女性が一般の仕事でもらえる額と比較して、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。病院という医療施設で、人命にかかわる仕事に従事している専門職であること、それに、各種手当、例えば夜勤、残業につく手当も確実に支給されるからです。夜勤を通常より多く入れている人ですとか勤務終了でクタクタのところ更に残業をするなど、そういったかなり勤勉な看護師の給料額は、通常より相当、高いものとなっているはずです。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。国家試験については、受けた人の9割が毎年合格を果たしていまして、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。そういった、看護師を養成する学校は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護の4年制大学に進学する人が、多くなってきているようです。実は同じ看護師でも格差があるのはご存じでしょうか。たとえば正社員として働く看護師は月給制です。でも、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが相場のようです。単にパートの時給としてみるとかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、医療機関で働く専門職ですし、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、金額的に少々不満です。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、ちょっと気になることがあって、看護師というのはタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。タバコが有害という認識が広まったこともあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、まだまだ、喫煙率の高さは群を抜いているかもしれません。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は羽目を外しすぎるというか、詳細は申せませんが、かなりのものです。とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。働いた分の休みはちゃんとありますが、不規則さを辛く感じる向きは多いようで、結婚したり子供ができたことで、きっぱりと辞めていく人も大勢いる、というのが現実です。結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、どんな時間であっても安全に子供を預けることができる施設なり、実家なりがないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。とは言え、近年においては復職を希望する人の例が少しずつ増え始めています。休みを自由にとれて、希望に沿った仕事を選んで働ける、等などがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。単発の仕事あり、短期のものもあり、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には派遣という方法もある、ということを頭に入れつつ、求職活動をしてみてはいかがでしょうか。医師の仕事と看護師の仕事の間の、大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、健康を維持するためのアドバイスをしたり適切な薬を出すことが主な業務とされます。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師の指導の下、診療時に医師の補助を行って、患者の看護を行います。勤務中の看護師というのは緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、精神的なきつさも感じることになります。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を知り、実行しているかということも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら見逃すことのできない点になるでしょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。厳しい労働環境の中で、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死してしまった看護師もいたのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて看護師需要は高まるばかりで、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、大変な目にあったりもします。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。全体的に見て、比較的忙しくない診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。とはいえ、どんな病院なのか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、ハードさの度合いは違ってくるはずです。看護師の存在は法律上、医師の診療を補助する役割を担うということが決められています。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、処置が可能な場合もあり、医師から指示を受けた時がそれにあたります。ただ、患者さんの状態によって、差し迫った状態になったときは、経験を積んでいる看護師に限り、若干の医療的行為は認められる必要もあるのではないかと考えます。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、結果として、求人が大変多いわけです。今いる職場において、そこでの給料が相場より遥かに安かったり、身体が辛いのにどうしても休めない、など、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。職場において、仕事のできる看護師を目指すには、答えは簡単です。経験を積む、これだけです。ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、という生やさしいものではありません。ですから、実地に経験していくしかない、ということです。看護師の中には、向学心から別の仕事先を探す人も一定数います。大学病院など、高度な医療を行なうところで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、チャレンジ精神からきた動機です。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。ハードな通常業務だけでなく、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、時間通りに帰れないということはよくあるのです。けれども、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。さっきまで愚痴っていた人が突然笑顔になるのです。看護師はさながら女優だなと感じます。国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、この何年か特に治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ですから当然、医療機関で働く看護師もどれだけいても足りないという程、今のところ、どこでも人手は足りていません。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、看護師にとっては、転職がやりやすいといった大きなメリットもあります。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、平均年収という点では看護師の方が上なのだそうです。医療に関わる職場において常に需要が高い傾向が見られますから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの得難い長所もあるわけです。収入が良いのは事実ですが、その一方で、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、働きやすい良好な環境にいる看護師は、かなり少ないとみて良いのかもしれません。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、気になるのはその配属先ですが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人事担当者の考え次第で左右される場合もあるかもしれません。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、そこに配属になる事が多いのです。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、上司にそれを伝えて、相談してみることもできます。看護師の仕事を選択する、外せない理由の一つに一般的に給料が高いという点が挙げられます。働き始めて最初の給料を鑑みても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも高めだといえるでしょう。ただし、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけよく勉強して日々、患者さんへ還元していく必要があるのです。何かと業務が多い看護師ですが、それだけに、仕事上での必要性や重要度は大変高く、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。病院は24時間休みなく動いていますから、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて人員を交代させながら業務につくことになります。こういった勤務形態ですから、多少強引にでも時間の調整をしなければ結果的に睡眠不足を招きますので、気を付けた方が良いでしょう。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは求人が途切れるようなことはありません。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。幸い、ネット上を少し見てみると求人サイト、それも看護師専門のものがかなりの数があるのです。なので、会員登録して上手く活用しながらぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、もちろん辞めたくなることも何度もあるでしょう。 重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。ただ、嬉しく感じることや、看護師として働き続けたいと思うことはいっぱいあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。